高温ガラス粘度計、歪検査器、失透試験装置、電気伝導率測定装置等、セラミックス・ガラス分野の研究開発にお役立て下さい。

オプト企業は創業以来三十余年、ガラス、溶融塩に関する試験機器の開発・製造・販売に取り組んでまいりました。
現在では千数百℃の高温下においてガラス・セラミックス分野の粘度測定は、それら物質の基礎研究から製品製造に至る過程で大いに注目されています。
オプト企業の製品は日本及びアジアの国々で高温粘度測定を主としたガラス試験機をはじめ、歪検査器、電気伝導率測定装置、失透試験装置等幅広い分野で活用されています。

2015年1月から四街道工場にThermo HAAKE MARS III レオメーターシステムを導入し、従来の高温粘度測定・物性試験に加えてレオロジー(粘弾性)全般に関する受託測定・試験・分析を開始致しました。

高温ガラス粘度計

高温ガラス粘度計の製品情報はこちら

高温ガラス粘度計については
温度-粘度測定範囲グラフから
ご希望の機種が一目で探せます。
クリック↑

ガラス・セラミックスの
粘度測定依頼に応じます

平行板粘度計広範囲粘度計による
受託測定を承ります。

平行板粘度計
・温度範囲 300~1100℃
・粘度範囲 104~109 poise
広範囲粘度計
・温度範囲 300~1250℃
・粘度範囲 102~1010 poise

レオロジー(粘弾性)測定

What's New

回転粘度計 SHV-100 販売開始

回転粘度計 SHV-100

詳しくはこちらをクリック!

レオロジー受託測定・試験・分析

レオロジー受託測定・試験・分析 Haake MARS III レオメーターシステム

詳しくはこちらをクリック!

レオロジー測定・分析・解析例

レオロジー測定・分析・解析例

レオロジー測定の各種レポートについては
こちらをクリック!